メリットがこんなにある太陽光発電

思い切って太陽光発電システムを導入して
「良かったなぁ」としみじみ思ったことはたくさんあります。
まず第1番に「発電する際に、CO2等を一切排出しない」という点が挙げられ、
火力発電や原子力発電による大気汚染のような
問題を抱えないで済むのが何よりの強みではないでしょうか?
それに、一般の電力会社から送電線を伝わって電力が
送られてくる途中で、何パーセントかの電気は消失してしまうのです。
これは大変な無駄意外の何者でもなく、そのような「送電ロス」とは
無縁な太陽光発電はとても優秀なシステムと言えるでしょう。
何しろその場で作られた電気をじかに使用することができるのですから
電気の逃げようがないわけです。
次にメリットと考えられるのが「決して尽きることのないエネルギーである」
という点で、石炭や石油は採取し続ければいつか枯れてしまう恐れがありますが
この「太陽光」というのは永遠不滅なエネルギーだと思います。
なので、いったん設置してしまえばあとはずっと使い続けることが可能です。
しかも、前述のエネルギー源はお金を払わないと買えないのですが
太陽光はいくら取り入れても0円なのですから、こんなに助かる話はありません。
その上、このシステムは基本的に保守管理がカンタンで、
たとえ定期点検があったとしても数年に1度行なえばそれで充分です。
そのような点もこの設備がもてはやされている理由の一つと考えられます。
こんなに利点がたくさんあるのに、さらに国や自治体等から「補助金」がもらえるとあっては
もはや太陽光発電を設置しない理由はどこにも見あたらないと言えるでしょう。