意外と身近な太陽光発電

太陽光発電というと家の屋根に設置されている、とても大がかりな設備というイメージがあります。ところがこの太陽光発電は、いままででもかなり身近で使われていた技術なんです。
電卓などでもソーラー電卓というものがあります。
いまではほとんどの電卓にソーラーが付いていますが、このソーラー電卓のソーラーパネルと、太陽光発電のソーラーパネルの原理はまったく一緒だということをご存知でしょうか。
最近は携帯電話に充電ができるソーラーパネルもありますが、あれもまったく一緒の仕組みになっています。
ただ、ソーラーパネルで生み出した電気を家で使うには、ソーラーパネルの他にもいろいろな機械が必要になってきます。
一宮市は雨も少ないですし、風雨が厳しい土地でもないので太陽光発電を考えています。
ソーラー電卓のことを考えてみると、まったくメンテナンスをしなくてもソーラー電卓はずっと動いています。
システム的に電池切れが起こることは考えられません。
そのソーラー電卓を大きくしたものが太陽光発電だと考えれば、太陽光発電はずいぶん身近なもののように思えます。
それにメンテナンスフリーだというのも納得できます。
一宮市で太陽光発電を始めるとしたら、国の補助金の他に愛知県と一宮市の補助金を利用することができます。
いまは太陽光発電システムの価格も安くなっています。
メンテナンスのことはあまり考えなくても良さそうですが、電気を家で使うための周辺機器のことは考えなければなりませんから、やはり地元の工務店に依頼しようかと考えています。