一宮市で設置するシステムの発電効率

最近の数年間で日本国内では、かなりの数の住宅用太陽光発電システムの普及が進み、平均的な発電量のデータが取れるようになりました。
日本国内の一般住宅に設置された太陽光発電システムの、1年間の平均発電量については、発電能力が1kwにつき1000kwhという数字が出ています。
太陽光発電システムの普及が日本よりも進んでいるヨーロッパと比較すると、ドイツよりも10パーセントほど発電量が多く、スペインよりは8パーセントほど少ないという統計も出ています。
ドイツよりは日本のほうが平均日照率が高いので、日本の方が同じ面積で比較すると効率よく太陽光発電システムが稼動しているといえるでしょう。
地中海に面するスペインは平均日照率が世界でも有数の国ですから,日本よりも太陽光発電システムが効率よく発電しているというのは納得できるデータです。
一宮市は日本国内では年間日照率が平均値よりも若干高いので、日本の平均値よりも多く太陽光発電システムが発電することを期待できるでしょう。
自宅の屋根に日陰を作ってしまうような障害物が周囲にある場合(例えば送電線の鉄塔や高層マンション等)発電量に影響を与えてしまうので、設置前に一宮市の太陽光発電システム販売店と相談すると良いでしょう。
自宅の屋根に設置したソーラーパネルの表面が、時間と共に汚れて発電効率が下がるのではないかと心配される方がおられます。
パネル表面についた汚れは雨で流れるので、発電効率にはほぼ影響を与えないということも、調査により明らかになっていますから心配は不要です。